下関看護リハビリテーション学校の理学療法学科が行っている様々な活動

下関看護リハビリテーション学校の理学療法学科が行っている様々な活動についてご紹介します。

下関看護リハビリテーション学校の理学療法学科では、学内での勉強だけでなく、病院・施設・スポーツ大会などで同校の教員と共に現場に参加して、理学療法士の仕事を生で体感することで、医療人としての視野の拡大を目指しているのだそうです。
その為、高校野球やマラソンのサポートといった活動に積極的に取り組んでおり、こうした活動は下関看護リハビリテーション学校独自の取り組みなのだそうです。また、テレビや新聞などのマスメディアにも取り上げられたこともある様ですね。

【理学療法学科が行っている活動】
◆高校野球のサポート
◆マラソンのサポートボランティア

生徒としても生の医療現場を肌で感じる事のできる貴重な機会ですし、病院・施設・スポーツ大会側としてもとっても有難いでしょうね。とても素晴らしい活動だと思いました。

この記事へのコメント